メーカー「ハワード」の歴史 ハワード株式会社の90年の歩みとその実績をご紹介いたします

ハワード株式会社の90年の歩み

1923年

関東大震災により勤めていた衣料店を失った創業者の早川護正が、震災後の神田にて早川正商店を開店。

トタンを並べて手製の衣料品を販売。品質の確かな商品を販売することにより、多くの消費者から支持を受ける。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1950年

太平洋戦争により、一時営業を停止していたが、衣料統制解除により営業再開。

時代のニーズにあったスラックスを開発・生産して販売することにより、急速に売上が拡大。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1960年

日本初のゴルフスラックスを、ゴルフショップと共同開発。

作業着用素材を使った軽くて丈夫で洗えるスラックスで、スポーツスラックスという新しい分野を開拓し日本のゴルフ界に革命を起こした。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1969年

高崎に自社工場設立。
裁断、縫製、仕上げの各プロセスに最新機器を積極的に導入。
従業員個々の高度に磨き上げられた技術力とあいまって、より高品質の商品を次々に生み出す。

財団法人縫製品検査協会から、優秀な商品を製造する工場として認定を受ける。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1970年

大阪万博の年、早川正商店をハワード株式会社に商号変更。

ゴルフウェア、テニスウェア、マリンウェア、フィッシングウェアなどを販売し、スポーツウェアのトータルファッションメーカーとしての地位を確立。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1973年

商品流通の能率向上を目指して、高島平に配送センターを設立。
自社配送センターから、全国各地の百貨店、専門店に様々な商品を整然とスピーディーに配送。

消費者のニーズに即応できる万全の体制を整える。

1989年

平成元年、コロンビアスポーツウェアの国内総販売元となりアウトドアウェア、カジュアル市場に進出。

その後に起きた日本のアウトドアブームの一端を担う。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1990年

より確かな生産体制を作るために海外進出。
中国、タイ、インドネシア、ベトナムに現地工場を設立。

日本人スタッフによる指導・管理のもと、高品質なスラックスを4カ国合計で年間160万本生産。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

1998年

LYLE&SCOTT、HANG TEN、WOOLRICHなど有名ブランドの取り扱いを次々と開始。

多様化する消費者のニーズに応え、総合アパレルメーカーとして順調に発展。

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。

2004年

インターネット通信販売事業を開始。
United-JapanストアとしてWOOLRICHやMontrailやUNITEDなどのブランドを販売。

これまでの卸売販売形態から、消費者直販の事業へ参入することにより、それまで以上に消費者主体の商品作りを行う。

2011年

本社を渋谷区神南に移転。

ファッション最先端の街から、90年の歴史に裏付けされた高品質で魅力的な商品を消費者の元へ!

下記サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます。